春日部駅高架化事業観察レポ②-2:西口動向,etc…

11 Likes
ととめ さんの個人ノート

概要

こんにちは。第2回Part2である今回は、春日部駅高架化事業のうち、2021年4月中旬までの動向をお伝えします。
主に、

  • 東口旧交番の解体開始
  • 工事手順の展示開始・高架化後の模型の展示
  • 伊勢崎線第124号踏切の現況

についてお伝えします。

東口旧交番の解体開始

東口の新交番が完成し、使用開始されたことに伴い、旧交番の解体撤去工事が始まりました。

工事手順の展示開始・高架化後の模型の展示

西口を出てロータリーを右側に進むと、ショーケースがあります。現在、そこに高架化事業についての案内展示がなされています。(期間不明)
工事の手順等詳しく紹介されていたので、紹介します。


また、市役所通りの郵便局方に、春日部駅の高架化後の模型も展示されています。(プラレール製)

伊勢崎線第124号踏切の現況

今回始めて、伊勢崎線第124号踏切を見学してきました。ピーク時には56分/時の遮断時間があり、直前横断など危険な状態が続いています。見学した数十分間も、遮断時間がとても多かったです。
高架化が必要であることが実感できました。

次回予告

東口の旧交番の解体工事の進捗、そして春日部駅南側(せんげん台方)の状況についてお伝えする予定です。
5月中の更新を見込んでいます。

+11
Likeが多いとトップページへ掲載されます。
このノートは ととめ さんの見解です。

コメント(0件)

このノートにはコメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました