P209系とウラ57編成のVVVFインバータ

21 Likes
いちさと さんの個人ノート

1990年代後半の文献に「P209系」という言葉が出てきます。この形式が指す先が十分に見えていないので、情報収集も兼ねて資料をご紹介致します。

元資料について

1997年の鉄道サイバネシンポジウム講演論文集に、JR東日本、日立製作所による「ベクトル制御を応用した2レベルインバータ JR東日本P209系電車用IGBTインバータの開発」という記事があります。
記事の内容は、209系ウラ57編成新製時に、IGBT素子のVVVFインバータを搭載して試験を行った、という内容です。

当時の背景

京浜東北線への209系新製投入が続く中、1996年9月に新津車両製作所でウラ57編成8両が新製されました(6ドア車組み込みで捻出されたT車を後日組込み)。元資料によれば、1996年11月から12月にかけて、東北本線、京浜東北線で走行試験を行ったようです。
当時、209系950番台(後のE231系900番台)の新製が1998年10月に迫っており、同編成からIGBT素子のVVVFインバータが搭載されたこと、同編成の日立製VVVFと外観が酷似していることから、209系950番台に搭載するVVVFインバータの試験を行ったと推測されます。

P209系とは?

P209系が指すものについて、元資料には「通勤電車用次期駆動システムとして、P209系通勤電車向けに3.3 kVIGBTを応用したインバータシステムを開発した」との記述があります。更に、元資料ウラ57編成の写真には「P209系通勤電車」とのキャプションがあり、本文をそのまま読むと「P209系」はウラ57編成を指していることになります。

とはいえ、ウラ57編成が新製された時点で、209系950番台の登場まで2年を切っているわけで、P209系、すなわち「ポスト209系」として、当時一番妥当なのは209系950番台だったのではと思います。この辺の用語が何を指していたのか、他の資料をご存知の方はコメント欄でご教示頂けると幸いです。

なお、その1年後、1998年当時の新津の工程表では、209系500番台は「改良209系」、209系950番台は「新209系」となっています。

三菱製VVVFは?

ご存知の通り、209系950番台は、三菱製、日立製のVVVFを1台ずつ搭載していました。今回、日立の文献しか見つかっていませんが、三菱も試験をしていた可能性があります。また、日立製を含め、試験も12月で終わったとは限らず、長期試験に供するケースもあり、搭載期間に関する情報も不明です。この辺も、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けると幸いです。

+21
Likeが多いとトップページへ掲載されます。
このノートは いちさと さんの見解です。

コメント(0件)

このノートにはコメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました