どうなる?大宮駅(旧)12番線

12 Likes
ととめ さんの個人ノート

はじめに

こんにちは。今回は、線路が完全に撤去されてしまった、大宮駅旧12番線の今後について、自らの考えはもちろん、他の方の考えを併せてご紹介したいと思います。

大宮駅旧12番線とは

大宮駅旧12番線は、埼京線開業まで川越線の地上ホームとして利用されていたホームです。
正確には、1985年の地下移転まで定期の入線運用があり、その後非電化となりました。
直近では2006年3月13日にリゾートしらかみ・くまげら編成の入線がありましたが、それ以降は使用されていないと思われます。
2020年2月〜3月にかけて線路脇に柵が建てられ、車両の入線も不可になっていました。

そして、先述の通り2021年2月に線路の撤去が確認されました。

線路撤去の理由①ホーム延伸・拡張・移設

ここからはデリン様(Twitter@derinative)のお考えを参考に書かせていただきます。
大宮駅11番線・旧12番線の入る(入っていた)第5ホームは、現時点では片面11番線のみ使用可能であり、大宮駅では唯一のものとなります。
また、もともと他のホームよりホームが狭いことに加えて、ホーム両端は非常に狭くなっており、旧12番線側にはホームがありません。さらに、現行関連の施設もあります。
エレベーターで南北改札間を移動する際には、このホームを通らなければならず、ホームの狭さが混雑を招くことで、バリアフリーの観点から問題となります。
また、他のホームより少し南側にあるため、後述する大宮GCS計画での新東西自由通路の建設にも支障がでます。
以上のことから、ホームを拡張せざるを得ず、さらには南北での移動も必要となってきます。
そのため、ホーム改良を行う可能性が指摘されています。

線路撤去の理由②大宮GCS計画

大宮駅では現在、「大宮駅グランドセントラルステーション計画」が進められています。
この計画では、大栄橋方に新たな東西自由通路を作り、東武改札とJR改札の乗り換えの利便性向上などを目指すなど、様々な事業が行われています。


この計画での新東西自由通路の建設などで、他のホームより南方にある第5ホームは改良の必要性が出てくるかもしれません。また、自由通路の杭や柱のための用地を考えると、今回旧12番線が撤去された跡地は、必要な用地のように見えました。

大宮旧12番線の跡地の現状


先日大栄橋方から11番線・旧12番線・13番線を観察してまいりました。
旧12番線と、11番線、工場につながる13番線(電化)の分岐器は撤去され、道床も新しくなっていました。仮に12番線のホーム改良が進められるとすると、現13番線を一部R修正の上12番線としそうです。
現在の13番線は、営業運転には向かないRのように見え、大栄橋からみて右側に大きく膨らんでいました。


ですので、その膨らみを抑え、緩やかなRにする必要がありそうです。

最後に

柵設置から線路撤去など、その動きが注目されることが多い12番線ですが、これからも積極的に観察していきたく思います。

+12
Likeが多いとトップページへ掲載されます。
このノートは ととめ さんの見解です。

コメントが表示できない設定です。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました