N700系投入計画と500系改造計画

トピック:N700系投入計画と500系改造計画

スレッド:新幹線車両
「新幹線車両」スレッドのノート

該当のノートがありません。タイトルが「(まとめ)新幹線車両」のノートを作成することで、この場所へ自動公開されます。
作成にあたっては、私見や独自研究を避けて最近のスレッドの話題をまとめたノートを目指していきたいと考えています。
ご意見などは運営グループへお願い致します。

画像は各グループの「メディア」から追加できます。掲載はトピック投稿者・管理の判断となります。

N700系投入計画と500系改造計画

#3700
N700ZNS
メンバー

・N700系投入計画
山陽ー九州直通用編成の投入計画もほぼ纏まったので、改めてN700系の投入計画をお話しします。

①Z編成(0番台、Z0のみ9000番台で営業運転入らず)
2004年度・・・Z0(量産先行)
2007年度・・・Z1~Z16(16編成)
2008年度・・・Z17~Z32(16編成)
2009年度・・・Z33~Z48(16編成)
2010年度・・・Z49~Z64(16編成)
2011年度・・・Z65~Z80(16編成)

②N編成(3000番台)
2007年度・・・N1~N8(8編成)
2008年度・・・N9(1編成)
2009年度・・・N10~N14(5編成)
2010年度・・・N15,N16(2編成)

③S編成(7000番台)
2008年度・・・S1(量産先行)
2010年度・・・S2~S10(9編成)
2011年度・・・S11~S19(9編成)
※2010年度と2011年度に関しては推定

④九州編成(記号は不明だが仮にYと置く、8000番台)
2010年度・・・Y1~Y5(5編成)
2011年度・・・Y6~Y10(5編成)
※製造数は推定

計:Z編成80本(Z0除く),N編成16本,S編成19本,Y編成10本

「さくら」用N700系が登場するにつれて現行のRSは2012年迄に廃止される見通しで、現行の700系7000番台E編成はN700系7000番台の増備によって順次「こだま」に転用される予定となっています。500系V編成と700系E編成を合わせれば全ての100系を淘汰できることから、100系は500系と700系の転用により順次廃車となる予定です。

基本的にZ編成で300系J編成の置換え、N編成で300系F編成と500系W編成を全て置換える形になりますがZ編成の投入本数から考えると、300系J編成全廃後に700系初期編成5本(C1~C5)も置換えられる可能性があります。特にC1編成はJ52編成以降の編成よりも前にC0編成として登場して酷使され、更にC2~C5までの編成も博多「のぞみ」専属でかなり長い期間酷使されてきていました。残るは新大阪駅27番線使用開始以降の増発用に充てられると思われます。

・500系改造対象
500系のW→V化は全9編成中計8編成に施行する計画のようです。既に出場したV2~V6までの編成に加え、2010年1月頃にV9(元W9)が、そして残る編成も全検周期の順にW7→W8の順で離脱、2010年春から秋にかけてV9→V7→V8の順に出場する計画となっているようです。

改造から外れるのはW1編成で、次の全検周期切れと同時に16両丸ごとでの廃車となる模様です。量産車と比べて走行距離が特に長くて酷使され、改造の際にも魔改造レベルの延命工事等が必要になってくることが改造対象から外される原因となっているようです。

最終的にV2~V9までの8編成が8両「こだま」として活躍することとなっています。

関連リンク

返信フォーム(免責事項

トピック「N700系投入計画と500系改造計画」には新しい返信をつけることはできません。

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました