路線・系統別 編成表

首都圏のJR東日本、東京地下鉄(東京メトロ)、東急電鉄に関する路線別の編成表、運用数を公開しています。

路線別 編成表

首都圏のJR東日本、東京地下鉄(東京メトロ)、東急電鉄に関する路線別の編成表、運用数を公開しています。

JR東日本 首都圏の主要な路線

両数 路線別 編成表(:形式別詳細) 運用 編成
10
国府津車セ E231系 42本
国府津車セ E233系 17本
小山車セ E231系 49本
小山車セ E233系 16本
119
運用
124
編成
5
国府津車セ E231系 34本
国府津車セ E233系 21本
小山車セ E231系 35本
小山車セ E233系 18本
102
運用
108
編成
11
鎌倉車セ本所 E217系 49本
鎌倉車セ本所 E235系 7本
49
運用
56
編成
4
鎌倉車セ本所 E217系 44本
鎌倉車セ本所 E235系 7本
44
運用
51
編成
10
さいたま車セ E233系 82本
79
運用
82
編成
8
鎌倉車セ本所 E233系 28本
26
運用
28
編成
6
鎌倉車セ中原支所 E233系 36本
34
運用
36
編成
11
東京総合車セ E235系 50本
48
運用
50
編成
10
豊田車セ 209系 2本
豊田車セ E233系 43本
43
運用
45
編成
6
豊田車セ E233系 27本
22
運用
27
編成
4
豊田車セ E233系 25本
20
運用
25
編成
10
三鷹車セ E231系 58本
56
運用
58
編成
10
川越車セ E233系 38本
36
運用
38
編成
10
勝田車セ E501系 4本
勝田車セ E531系 26本
27
運用
30
編成
5
勝田車セ E501系 4本
勝田車セ E531系 33本
32
運用
37
編成
5
勝田車セ E531系 7本
5
運用
7
編成
10
松戸車セ E231系 18本
17
運用
18
編成
5
松戸車セ E231系 19本
17
運用
19
編成
10
京葉車セ 209系 1本
京葉車セ E233系 20本
20
運用
21
編成
6
京葉車セ E233系 4本
3
運用
4
編成
4
京葉車セ E233系 4本
3
運用
4
編成
8
京葉車セ 209系 11本
京葉車セ E231系 34本
43
運用
45
編成
4
川越車セ 209系 7本
川越車セ E231系 6本
10
運用
13
編成
常磐緩行線は直通各線にまとめています。
※車セ = 車両センター

メトロ・東急・直通各線

両数 路線別 編成表(:形式別詳細) 運用 編成
6
東京メトロ 1000系 40本
37
運用
40
編成
6
東京メトロ 02系 23本
東京メトロ 2000系 32本
50
運用
55
編成
3
東京メトロ 02系 6本
4
運用
6
編成
7
東武 70000系70000型 18本
東武 70000系70090型 6本
東京メトロ 13000系 44本
61
運用
68
編成
10
東京メトロ 05系 30本
東京メトロ 07系 6本
東京メトロ 15000系 16本
三セク 2000系 11本
三セク 70-000形 8本
61
運用
71
編成
10
小田急 4000形 16本
JR東日本 E233系 19本
東京メトロ 16000系 37本
64
運用
72
編成
3
東京メトロ 05系 4本
2
運用
4
編成
10
東武 50000系50070型 7本
東武 9000系9000型 7本
東武 9000系9050型 2本
東京メトロ 10000系 36本
東京メトロ 17000系 4本
東京メトロ 7000系 5本
西武 40000系0番台 6本
西武 40000系50番台 4本
西武 6000系 23本
東急 5050系 11本
87
運用
105
編成
8
東京メトロ 7000系 14本
東急 5000系 4本
東急 5050系 25本
横浜高速鉄道 Y500系 6本
47
運用
49
編成
10
東武 50000系50000型 1本
東武 50000系50050型 18本
東京メトロ 08系 6本
東京メトロ 18000系 2本
東京メトロ 8000系 19本
東急 2020系 22本
東急 5000系 18本
東急 8500系 12本
86
運用
98
編成
6
東武 30000系 1本
0
運用
1
編成
4
東武 30000系 1本
0
運用
1
編成
8
都営 6500形 1本
0
運用
1
編成
6
都営 6300形 37本
東京メトロ 9000系 23本
東急 3000系 13本
東急 3020系 3本
東急 5080系 10本
三セク 2000系 10本
84
運用
96
編成
7
東急 6000系 6本
東急 6020系 2本
6
運用
8
編成
5
東急 9000系 15本
東急 9020系 3本
16
運用
18
編成
3
東急 1000系 16本
東急 7000系 15本
29
運用
31
編成
2
横浜高速鉄道 Y000系 3本
2
運用
3
編成

補足

運用数は運用数グループに参加すると更新可能です。

運用数・編成数について

運用数は、その路線、直通系統の全ての運用数を示しています。一方、編成数は、その路線、直通系統に就くことができるの全ての編成数を示しています。 多くの私鉄では、直通以外の運用を自社線内で抱えており、差分がそのまま予備編成となるわけではありません。
同様に、大規模な改造工事で入場予備が必要な場合や、何らかの制約を抱えている線区もあります。こちらは路線別ページで極力補足するようにしています。
将来的に運用数と編成数の推移を追えるようなコンテンツを目指しています。

編成表の趣旨・編成向きについて

JR車両動向私鉄 車両動向では、搭載機器の状況を添えて、車歴を追うことが可能な形式別編成表(編成向きは電装品基準)を公開していますが、ここでは路線、直通系統別に現行の編成表(編成向きは号車基準)を公開しています。

路線順について

JR東日本の「首都圏の主要な路線」は、ナンバリングのある路線を網羅する形とし、東京近郊路線図(JR東日本)の番号順に掲載しています。メトロ・東急・直通各線は地下鉄路線図(東京都交通局・東京地下鉄)の順序としています。

参考としたサイト

多くの線区では時刻表から運用数が読み取れますが、一部線区では全体的な運用を俯瞰する必要があり、参考にさせて頂いたサイトをご紹介させて頂きます。運用調査は分散するとデメリットがありますので、一部重複はありますが、下記サイトのご利用をお勧め致します。
なお、車両の必要数がそのまま読み取れるわけではないので、当サイトの運用数は独自調査も含め、運用数グループで調整を図ります。

【参考1】loo-ool.com さん

E電区間、私鉄各線を中心に首都圏の運用実績をまとめています。

【参考2】東海道線運用調べTai! さん

国府津車両センターE233系、E231系の運用が掲載されています。(他、E257系、E261系、185系なども掲載されています。)

【参考3】Tokyo North-South Railway さん

小山車両センターE233系、E231系の運用が掲載されています。(他、651系も掲載されています。)

【参考4】水戸線っていがっぺ? さん

勝田車両センターE531系、E501系の運用が掲載されています。(他、E657系も掲載されています。)

【参考5】横須賀線運用調査 さん

鎌倉車両センター本所E235系、E217系の運用が掲載されています。
スポンサーリンク
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました