次世代新幹線の実現に向けた試験?両の新造について(1ページ目のみ)

次世代新幹線の実現に向けた試験?両の新造について
当社はこのたび、技術?新中?期ビジョン(2016年11?発表)における「次世代
新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験プラットフォームとして新幹線の試験?両を
新造することとしました。
1. 次世代新幹線の実現に向けた開発コンセプト(別紙1)
当社は、次世代新幹線においてこれまでの安全・?速な移動?段の提供に加えて、
新たな価値の提供を?指しています。これを実現するため、以下をコンセプトとして、開発を
進めてまいります。
(1) さらなる安全性・安定性の追求
(2) 快適性の向上
(3) 環境性能の向上
(4) メンテナンスの?新
2. 試験?両について(別紙2)
(1) 新造する試験?両
E956形式新幹線電?10両編成
(2) 試験?両の愛称名
愛称名:ALFA-X(アルファエックス)
『Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation』
“最先端の実験を?うための先進的な試験室(?)”
(3) 試験?両の落成時期
2019年春に落成予定

元URL:http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170705.pdf

コメント(0件)

このノートにはコメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました