東武野田線大宮駅の改良工事

こちらの記事にある、東武野田線大宮駅の改良計画についてまとめます。
情報が追加され次第順次更新します。

・2019年6月に、さいたま市の資料から、ホーム移設計画が明らかとなる

・東武鉄道は、野田線ホームを現在の中央口まで伸ばす案と、ホームを少し延長して新東西通路に改札口を設置する2案を作成
・地元商店街がイベント広場を要望したことから後者の案に決定

・その案では、現在のルミネ2(築52年)とJR大宮駅東口駅舎を取り壊し、その跡地の北半分に南北通路とイベント広場を、南半分にJR駅舎と駅ナカが複合した高層ビルを建設する計画。
・そのため野田線ホームは2面3線、160m程度のホームが確保できるように

・2020年8月3日のさいたま市議会特別委員会において同計画が取り上げられる
・7両編成入線が可能となるため、日比谷線直通列車の乗り入れも可能になり、両線の直通運転を本格化させる計画があることが市議会議員の下記ツイートより明らかとなる。

 

なお、東武野田線沿線では現在春日部駅高架化計画も進行中ですが、その計画と共に進められることになるかもしれません。

(8/22現在)

コメント(0件)

このノートにはコメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました