西武鉄道のN101系の動向

需要があるかどうかわかりませんが、西武鉄道の新101系(以下N101系)の動向についてまとめました。

[N101系の基本情報]

  • 現在4両編成が9本在籍
  • 全編成ワンマン運転対応
  • 西武多摩湖線と西武多摩川線にて運行されている
  • 他路線と分離している西武多摩川線には4編成が常駐。年数回、西武多摩川線との編成トレードが行われている

[N101系の最近の動き]

  • 列車無線機器の更新(デジタル化対応)が行われる。1編成(261F)を残し完了。
  • 261Fはクーラーを屋根上空調装置を置き換え対象のものに置き換えた

[今後の動向]

  • 9000系の一部編成に短縮化(10両→4両)とワンマン改造が行われている
  • 先陣として9108Fが改造を受け、現在試運転等の投入に向けた準備を行っている模様
  • 9108Fの行先表示器に「国分寺」「多摩湖(“西武遊園地”から改称予定)」「西武遊園地」など、西武多摩湖線の駅名が入っている模様
  • その他、9102F、9105Fも短縮化され武蔵丘車両検修場に回送済み
  • 9000系の改造は最大5編成?…

[今後の動向…推測含む]

  • 将来、N101系は多摩湖線の定期運用から撤退

コメント(0件)

このノートにはコメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました