新潟・秋田地区に電気式気動車投入へ

トピック:新潟・秋田地区に電気式気動車投入へ

スレッド:JRの気動車/蓄電池車
「JRの気動車/蓄電池車」スレッドのノート

該当のノートがありません。タイトルが「(まとめ)JRの気動車/蓄電池車」のノートを作成することで、この場所へ自動公開されます。
作成にあたっては、私見や独自研究を避けて最近のスレッドの話題をまとめたノートを目指していきたいと考えています。
ご意見などは運営グループへお願い致します。

画像は各グループの「メディア」から追加できます。掲載はトピック投稿者・管理の判断となります。

新潟・秋田地区に電気式気動車投入へ

#7978
すいごう
モデレーター
SNSとアイコン画像あわせました 表示

昨日、JR東日本より、新潟・秋田地区に投入する電気式気動車を公募調達することが発表されました。
http://www.jreast.co.jp/press/2015/20150510.pdf

1両編成を19編成(19両)、2両編成を22編成(44両)、合計63両を新造します。
新潟地区は2017~2019年度、秋田地区は2020年度を予定しています。

昨年11月に発表された八戸線用気動車18両に続き、今回の新潟・秋田地区向け車両でも、
公募調達による車両投入が行われることになりました。

また、今回のプレスリリースの最後には以下の文言があり、今後、既存気動車の置き換えがさらに進むようです。

弊社では今後、約150~250両(新潟・秋田地区の63 両を含む)の新型電気式気動車を新造し、既存気動車を置換える予定です。

JR東日本に残るキハ40系列ですが、既に置き換えが決まっている宇都宮・小牛田所属の車両を除き、
郡山・八戸・秋田・新津に134両在籍しています(JTを除く一般車両のみ)。

既報の八戸線向け18両と、今回発表された数字の下限を足すと168両。
キハ40系列の一般車両だけではなく、キハ110系の一部も置き換えられそうな両数です。
キハ40系列改造のJTを、キハ110系を玉突きして置き換えるのかもしれませんね。

  1. 郡山総合車両センター…13両
  2. 八戸運輸区…32両
  3. 秋田車両センター…51両
  4. 新津運輸区…38両

関連リンク

返信フォーム(免責事項

トピック「新潟・秋田地区に電気式気動車投入へ」には新しい返信をつけることはできません。

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました