(検査出場時期)市営:ブルーライン最終出場一覧

入出場登録フォーム(※承認後反映)
編成 新製 最終出場 種別 管理補足
廃車済み 入場中

新重検:新重要部検査
重検:重要部保全検査
全検:全般保全検査
※各年度の事業計画書(02款-01項-30目)にて、各項目の種別が分かります。

ブルーライン

2019/04〜2019/09(平成31年上半期)
重検:6編成

2019/10〜2020/03(平成31年度下半期・令和元年度下半期)
重検:4編成 全検:1編成

2020/04〜2021/09(平成32年度上半期・令和2年度上半期)
新重検:1編成 全検:6編成

2021/11〜2021/03(令和2年度下半期)
新重検:2編成 全検:2編成

2021/03〜2021/12(令和3年度上半期)
重検:1編成 全検:5編成

2021/11〜2022/03(令和3年度下半期)
全検:2編成

2022/04〜2023/03(令和4年度全期)
全検:7編成

2023/4〜2024/03(令和5年度全期)
全検:8編成

(1)新重要部検査(検査周期5年・60万㎞以内)※全形態適用
ア 在姿による月検査レベルの機能検査を行い重要な装置の点検及び摩耗品の交換をします。
イ 保安装置のATC・ATO装置・YTM装置は製造業者による点検整備を行います。
(2)重要部保全検査(検査周期5年・60万㎞以内)
ア 車体と台車を分離し、床下機器を取り外して、台車等の非破壊検査・ブレーキ弁類の単体検査。
イ 動力発生装置・走行装置・基礎ブレーキ装置・制御装置・補助電源装置・その他の重要な装置の分解整備を行うと共に、摩耗部品の交換等も行います。
ウ 保安装置のATC装置・列車無線装置は製造業者による点検整備を行います。
エ 整備終了後に構内及び本線試運転を実施し、総合評価を行います。
(3)全般保全検査(検査周期10年以内)
ア 重要部保全検査の内容に加え、ブレーキ弁類の部品交換、ゴムホース類の交換、車輪軸の軸受け交換。
イ 主電動機の分解整備等、車両全般にわたり検査します。

※「◯◯保全検査」とは、「〇〇検査」から検査周期を延伸したため「保全」がつく。
※業務両数や内容から「新製」→「重検/新重検」→「全検」→「重検/新重検」と回る可能性がありそうです…。

◆3000A
3241f:2019/02/04
3251f:2018/12/24
3261f:2021/05/13 全検
3271f:2020/03/27
3281f
3291f:2020/08/12
3301f:2020/09/01
3311f:2021/02/10

◆3000N
3321f:2021/03/18
3331f:2020/04/22
3341f
3351f:2020/08/22
3361f:2020/05/25
3371f:2020/06/12

◆3000R
3391f
3401f
3411f:2021/12/08
3421f:2022/02/15 全検
3431f:2021/09/16 全検
3441f:2017/07/14 重検
3451f:2022/03/28
3461f
3471f:2019/06/12
3481f
3491f:2020/05/14
3501f
3511f:2018/02/08?
3521f

◆3000S
3541f:2019/06/19
3551f:2020/07/29
3561f
3571f:2019/11/12
3581f:2019/12/18
3591f:2021/07/30
3601f

◆3000V形
3611f:2021/06/22 重検

◆4000形
4621f:2021/12/14 新製

コメント(0件)

このノートにはコメントがありません。

コメントが投稿できない設定です。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました