入出場登録フォーム(要ログイン)

入出場登録フォーム

車両動向の予測に活用するため、入出場情報をまとめています。承認後に編成表、形式別一覧(JR一般車JR特急車私鉄車両)へ反映されます。

ルール

共通

  • 日付は、一連の回送・本線試運転(検査・改造前後に本線に出たタイミング・東上線の車両なら南栗橋着発の入場・試運転日)が完了した日で、車体表記(多くは構内試運転の日付)とは異なります。
  • 定期検査を行わずに出場が確認された際は補足に「臨時」を含む文章をお願いします。形式別一覧へは反映致しません。
  • 形式別一覧へは「出場時検査種別」の最初の2文字が反映されます。
  • 所属区所での検査以外の動向(改造など)は、話題性があれば編成ノートへ反映とし、入出場へは反映しません。(深川検車区・深川工場など、隣接していても別箇所への入出場は反映します。)
  • 入出場が無くても、入出場相当の定期検査(省令90条の重要部検査以上)は反映対象です。【例】JR新潟車両センターでの指定保全、小田急海老名・喜多見検車区での新重要部検査。
  • 回送を伴っても、車輪削正・軸替は反映対象外です。【例】東京メトロ上野検車区所属車の中野検車区への入区(スジ・検査時期で区別)、東急元住吉検車区所属車の長津田検車区への入区(スジ・検査時期で区別)、東京メトロ王子検車区所属車の綾瀬検車区への入区(検査時期で区別)、小田急車の大野総合車両所への入区(検査時期で区別)。
  • 増結車の動向は編成表との連動に難があるため反映対象外です。【例】E235系G車、目黒線、南北線関係の増結車。
  • 新製出場は反映対象ですが、データベースに存在しない編成は反映できないため、編成表反映後の入力となります。この際「臨時」などの記載は不要です。
  • 誤入力や疑義、ご提案がございましたら、自己申告も含め、検査出場時期グループへお願い致します。このグループのモデレータは修正権限を持っています。

JR

  • 対象はJR東日本の新系列電車と205系です。211系、253系などは対象外です。
  • データベースに存在しない編成は反映できず、新編成番号の場合はフォーラムへのご投稿を検討ください。

大手公民鉄

  • 対象は東京メトロ(東京地下鉄)、都営地下鉄、東急電鉄、東武鉄道、小田急電鉄、京王電鉄、西武鉄道、京成電鉄、相模鉄道、埼玉高速鉄道、東葉高速鉄道、横浜高速鉄道、北総鉄道、千葉ニュータウン鉄道、芝山鉄道です。
  • 最終目撃から5日間経過した、定期検査時期付近の編成・改造工事がされると予測されていた編成は、例外的に反映します。補足に「最終目撃から5日経過」と入力ください。ただし、車輪削正・軸替関係の動向が報告されている編成は反映しません。
  • 西武の新重要部検査は、車内の封印シール変更が複数確認された場合、例外的に反映します。ただし、編成内複数車両の変更確認が条件です。

入出場登録フォーム

05月26日 東急4109F 長津田
05月26日 北総7501編成 宗吾
05月26日 クラY-29編成 東京
05月26日 メトロ[72]13122F 鷺沼
05月26日 都営6304F 志村
05月26日 ミツB14編成 東京
05月26日 マト9編成 長野
05月26日 東武51057F 南栗橋
05月25日 東急2150F 長津田
05月25日 東急2150F 新津
ログインすると登録フォームが表示されます。

参考資料

編成番号例

JR

編成表と同様、編成札がある場合は編成札の表面の表記、前面ガラスに表記されている場合はその表記を編成番号にしています。
JR車両動向で編成を呼ぶ場合、車体に表記されている所属表記のカタカナ(宮ハエならハエ)に、この編成番号を加えて呼ぶよう統一しています。(参加型コンテンツは区別できれば良いと思います。)
一部、編成番号の無い形式、統一されていない形式は、下記の番号を仮定しています。こちらをご利用ください。
  • E655系 - 「オクなごみ編成」5連、「トウなごみ編成」1両を別々に登録。
  • E001系 - 「オク四季島編成」10連。
  • 701系(盛岡) - 「モリ1015F編成」2連などで登録。
  • E653系(新潟) - ハイフンの有無が車体表記で混在していますが、「ニイU-101編成」7連のようにハイフンありで登録。

大手私鉄

基本的に編成表の編成名です。
  • 東京メトロ(一部を除く)では「[01] 8101F」のように編成番号を付記していますが、「8101F」と入力します。
  • 小田急電鉄では「1051x6」のように編成両数を付記していますが、記号の揺らぎを避けるため、「x」を入力する場合は「半角エックス」でお願い致します。
  • 埼玉高速鉄道は「2101F」、東葉高速鉄道は「2101F」、横浜高速鉄道は「Y511F」のように入力します。

出場時検査種別(JR)

記入事項の代表例を列挙します。

JR

基本は「指定保全→装置保全→指定保全→車体保全→指定保全→装置保全」、または「C保全→D保全→C保全…」と回ります。検査表記がありますが、表記では装置保全と車体保全は見分けが付きません。
指定保全 基本的に車輪の交換を行わない検査。(E001形、701系など積雪線区の車両は指定保全でも車輪を交換します。E129系は例外的に新潟車両センターで実施するものの、回送が発生しないため、反映しません。)
装置保全 通勤線区では経年7年、20年程度、近郊線区では経年5年、15年、25年程度に実施される車輪を交換する検査。(房総地区の209系など車輪が持たずに繰上げ入場する例があります。)
車体保全 通勤線区では経年13年、27年程度、近郊線区では経年10年、20年程度に実施される車輪を交換する検査。(房総地区の209系など車輪が持たずに繰上げ入場する例があります。屋根塗直しが原則でしたが近郊線区では装置保全での実施例があります。)
C保全 E235系(モニタリング保全)のみ。車輪の交換を行わない検査。指定保全に相当します。
D保全 E235系(モニタリング保全)のみ。車輪を交換する検査。装置保全に相当します。
205系は新系列では無い「新形式」で、要部検査と全般検査が交互に来ますが割愛します。

出場時検査種別(公民鉄)

東京メトロ

基本は「重要部検査→全般検査→重要部検査→全般検査」と回りますが、全重検(編成中、全検と重検を混ぜることで工事量を均等化)を行う形式があり、全重検を行っているか不明な形式があります。検査表記が無いため一部推測となります。
全重検 02系、05系、07系、7000系、8000系、15000系。02系の場合は「1~3号車」と「4~6号車」、05系の場合は「1~3、6、7号車」と「4、5、8~10号車」で検査種別を変えて、それぞれ重要部検査と全般検査を交互に実施。サイトでは「全重検」と書きます。
重検 1000系、2000系。重要部検査を略称で記載。
全検 1000系、2000系。全般検査を略称で記載。
第n検査 08系、9000系、10000系、13000系、16000系、17000系、18000系。検査種別が不明なため、新製後、何回目の検査かを記録しておき、全重検かが判明した時点で反映します。回数がわからない場合は「第n検査」とそのまま記入。

都営地下鉄

「重要部検査→全般検査→重要部検査→全般検査」と回ります。
重検 重要部検査を略称で記載。
全検 全般検査を略称で記載。

東急電鉄

基本は「重要部検査→全般検査→重要部検査→全般検査」と回りますが、組み換えにより混在している場合があります。検査表記が無いため一部推測となります。
重検 重要部検査を略称で記載。
全検 全般検査を略称で記載。
混在 検査種別が混ざっている編成。

東武鉄道

「重要部検査→全般検査→重要部検査→全般検査」と回ります。
重検 重要部検査を略称で記載。30000系、50000系、60000系、70000系は配置区所で実施。
全検 全般検査を略称で記載。

小田急電鉄

基本は「重要部検査→全般検査→重要部検査→全般検査」と回ります。形式により重要部検査と新重要部検査があります。検査表記があります。
重検 重要部検査を略称で記載。
新重検 新重要部検査を略称で記載。配置区所で実施。3000形、4000形で実績あり。
全検 全般検査を略称で記載。

京王電鉄

検査体系に関わらず、床下機器が重要部検査では未塗装、全般検査では塗装と推測されます。基本は全重検ですが、1000系、9000系、5000系の一部編成は重要部検査、全般検査を繰り返す体系です。出場時状況で選択してください。
重検 重要部検査を略称で記載。1000系、9000系、5000系で移行中。
全検 全般検査を略称で記載。1000系、9000系、5000系で移行中。
全重検 編成内で検査種別を変えて、それぞれ重要部検査と全般検査を交互に実施。サイトでは「全重検」と書きます。

西武鉄道

「重要部検査→全般検査→重要部検査→全般検査」と回ります。形式により重要部検査と新重要部検査があります。また、全重検(編成中、全検と重検を混ぜることで工事量を均等化)を行う形式があります。
重検 重要部検査を略称で記載。武蔵丘車両検修場にて101系、2000系(4連・2連)、9000系に実施。
新重検 新重要部検査を略称で記載。2012年度以降、各配置箇所(下表参照)にて20000系、30000系、40000系、001系に実施。
池袋線車両所新宿線車両所
001系小手指
40000系0番台小手指
40000系50番台武蔵丘
30000系10連武蔵丘玉川上水
30000系8連武蔵丘南入曽
30000系2連武蔵丘
20000系10連武蔵丘玉川上水
20000系8連小手指南入曽
全検 全般検査を略称で記載。武蔵丘車両検修場にて実施。(6連・8連の2000系、6000系、10000系を除く。)
全重検 編成内で検査種別を変えて、それぞれ重要部検査と全般検査を交互に実施。サイトでは「全重検」と書きます。6連・8連の2000系、6000系、10000系で実施。
※「屋根全塗装」=重検または全検、「屋根部分塗装・未修繕」=重検

京成電鉄

基本は「重要部検査→全般検査→重要部検査→全般検査」と回ります。形式により重要部検査と新重要部検査があります。出場日は、試運転を二度行う形式を含め、宗吾参道~八千代台の試運転日で反映します。
重検 重要部検査を略称で記載。
新重検 新重要部検査を略称で記載。3700形、3000形で実績あり。車体床下機器の全塗装を省略。
全検 全般検査を略称で記載。

相模鉄道

「重要部検査→全般検査→重要部検査→全般検査」と回ります。全重検(編成中、全検と重検を混ぜることで工事量を均等化)を行う形式があります。
重検 重要部検査を略称で記載。10000系以降の形式で実施。
全検 全般検査を略称で記載。10000系以降の形式で実施。
全重検 編成内で検査種別を変えて、それぞれ重要部検査と全般検査を交互に実施。サイトでは「全重検」と書きます。8000系、9000系で実施。
スポンサーリンク
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました