(運用数)2022/03/12~:京王線・相模原線・競馬場線・動物園線・高尾線

  • 運用数グループに参加すると編集・コメントが可能になります。なお、編集にあたっては事前にグループでその旨を共有し、問題がないことを確認してから編集して下さい。
  • ノートの所要数や、運用数Gにおける運用数は、その系統の車両が1日の中で最も多く同時に稼働する時の数を意味しており、運用自体の数とは異なります。
  • 所要数の推定は時刻表の読み取りや全体的な運用調査が必要となるため、掲載情報が正確とは限らない可能性があります。
両数内訳現況運用編成
10 京王線・相模原線・高尾線(京王ライナー)
京王 5000系 7本
座席をクロスシートとロングシートに転換可能な、5000系の専用運用です。5000系は都営新宿線直通運用の予備を兼ねています。
座席をクロスシートとロングシートに転換可能な、5000系の専用運用です。5000系は都営新宿線直通運用の予備を兼ねています。 5平日
5休日
5最大
7配置
0離脱
2予備
4 京王動物園線
京王 7000系 1本
京王動物園線の運用です。基本的にワンマン対応・専用仕様の7000系7801Fが充当されますが、他の4両編成や、2両編成(2本併結)が代走できます。
京王動物園線の運用です。基本的にワンマン対応・専用仕様の7000系7801Fが充当されますが、他の4両編成や、2両編成(2本併結)が代走できます。 1平日
1休日
1最大
1配置
0離脱
0予備
10 京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線
京王 7000系 8本
京王 8000系 14本
10両固定編成の他、8両と2両編成・6両と4両編成が併結した10両編成、専用運用や地下鉄直通運用に就かない5000系・9000系が共通運用です。
10両固定編成の他、8両と2両編成・6両と4両編成が併結した10両編成、専用運用や地下鉄直通運用に就かない5000系・9000系が共通運用です。 29平日
23休日
29最大
22配置
1離脱
-8予備
8 京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線
京王 8000系 13本
京王 9000系 8本
8両固定編成の他、6両と2両編成・4両編成2本が併結した8両編成が共通運用です。
8両固定編成の他、6両と2両編成・4両編成2本が併結した8両編成が共通運用です。 16平日
13休日
16最大
21配置
0離脱
5予備
6 京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線
京王 7000系 6本
単独運用は無く、4両編成と併結して10両編成の運用に、2両編成と併結して8両編成の運用に就きます。
単独運用は無く、4両編成と併結して10両編成の運用に、2両編成と併結して8両編成の運用に就きます。 0平日
0休日
0最大
6配置
0離脱
6予備
4 京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線
京王 7000系 6本
平日の単独運用はなく、動物園線は専用編成が充当されますが、土休日に増発運用に就きます。6両編成と併結して10両編成の運用に、4両編成2本が併結して8両編成の運用にも就きます。
平日の単独運用はなく、動物園線は専用編成が充当されますが、土休日に増発運用に就きます。6両編成と併結して10両編成の運用に、4両編成2本が併結して8両編成の運用にも就きます。 0平日
1休日
1最大
6配置
0離脱
5予備
2 京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線
京王 7000系 5本
8両編成と併結して10両編成の運用に、6両編成と併結して8両編成の運用にも就きます。
8両編成と併結して10両編成の運用に、6両編成と併結して8両編成の運用にも就きます。 1平日
1休日
1最大
5配置
0離脱
4予備

過去ログ

準備中

元データ

◇京王線・相模原線・高尾線(京王ライナー) 10両
平日所要数:5
休日所要数:5
座席をクロスシートとロングシートに転換可能な、5000系の専用運用です。5000系は都営新宿線直通運用の予備を兼ねています。
※今後地下鉄直通定期運用が設定された場合は地下鉄直通ノートに移行。
※【このページ限りの説明文】

◇京王動物園線 4両
平日所要数:1
休日所要数:1
京王動物園線の運用です。
基本的にワンマン対応・専用仕様の7000系7801Fが充当されますが、他の4両編成や、2両編成(2本併結)が代走できます。
※【このページ限りの説明文】

◇京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線 10両
平日所要数:29
休日所要数:23
10両固定編成の他、8両と2両編成・6両と4両編成が併結した10両編成、専用運用や地下鉄直通運用に就かない5000系・9000系が共通運用です。
※【このページ限りの説明文】

◇京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線 8両
平日所要数:16
休日所要数:13
8両固定編成の他、6両と2両編成・4両編成2本が併結した8両編成が共通運用です。
※【このページ限りの説明文】

◇京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線 6両
平日所要数:なし
休日所要数:なし
単独運用は無く、4両編成と併結して10両編成の運用に、2両編成と併結して8両編成の運用に就きます。
※【このページ限りの説明文】

◇京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線 4両
平日所要数:なし
休日所要数:1
平日の単独運用はなく、動物園線は専用編成が充当されますが、土休日に増発運用に就きます。
6両編成と併結して10両編成の運用に、4両編成2本が併結して8両編成の運用にも就きます。
※【このページ限りの説明文】

◇京王線・相模原線・高尾線・競馬場線・動物園線 2両
平日所要数:1
休日所要数:1
8両編成と併結して10両編成の運用に、6両編成と併結して8両編成の運用にも就きます。
※【このページ限りの説明文】

●参考とさせて頂いたサイト等

運用調査 loo-ool.com 様
https://loo-ool.com/rail/

Leaf Green 様
https://drive.google.com/drive/u/0/mobile/folders/1qjre9AhZ6WNGRWICgiitRyj1ZXonVocB?usp=sharing

京王電鉄撮影地ガイド 様
https://ichibata5000keio.wixsite.com/keio-satsueichi

●システム上、タイトルと項目名の重複が課題となるため、線区の順序を変更しています。

コメント(0件)

このノートにはコメントがありません。

コメントが投稿できない設定です。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました