西武20000系・30000系10連の配置動向

トピック:西武20000系・30000系10連の配置動向

スレッド:西武鉄道
「西武鉄道」スレッドのノート

該当のノートがありません。タイトルが「(まとめ)西武鉄道」のノートを作成することで、この場所へ自動公開されます。
作成にあたっては、私見や独自研究を避けて最近のスレッドの話題をまとめたノートを目指していきたいと考えています。
ご意見などは運営グループへお願い致します。

タグ: 

画像は各グループの「メディア」から追加できます。掲載はトピック投稿者・管理の判断となります。

西武20000系・30000系10連の配置動向

#38249
SATS
参加者

先日発売されたイカロス出版社の私鉄車両年鑑2022掲載の編成表(西武は2022年3月23日改正版が掲載)にて、20000系20104F以外の10連7本と30000系10連6本が玉川上水車両基地配置に、昨年11月から池袋線で運用されている2000系2095Fが武蔵丘車両基地配置になっていることが明らかになりました。
20000系・30000系10連の具体的な内訳は、昨年まで池袋線車両所武蔵丘車両基地配置とされていた20102F、30103F、30104Fが新宿線車両所玉川上水車両基地へ転属となっています。これにより、20000系10連は20104Fを除いた7編成が、30000系10連は全6編成が玉川上水車両基地に集約されました。(ただ、車両運用上池袋線に貸し出されている編成もある状況です。)
具体的な転属日等の情報がありませんので、転属反映基準におけるDの状態です。

関連リンク

返信フォーム(免責事項

トピック「西武20000系・30000系10連の配置動向」には新しい返信をつけることはできません。

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました