Re:山手線向け新造サハ

トピック:Re:山手線向け新造サハ

スレッド:E231系
「E231系」スレッドのノート

◇山手線向け500番台の動き
・10号車以外の10両
・全編成が中央総武緩行線へ集結。
・10号車
・48両(E235系50編成-500番台新製2両)がE235系へ編入改造の上、組み込み。
・余剰となった4両(E231系52両-編入48両)については東京総合車両センターで解体。
・関連コンテンツ
山手線・中央総武緩行線の世代交代

◇中央総武緩行線向け0番台の動き
・6M4T化の上残留(6編成)
・3000番台化され八高川越線へ転用(6編成)
・上記の6M4T化で余る6編成を、八高川越線へ転用。
・武蔵野線へ転用(34編成・完了)。
・関連コンテンツ
山手線・中央総武緩行線の世代交代

◇機器更新の動き
・近郊タイプ前期車・常磐快速線向け0番台
・全編成の機器更新が完了した状況。一部中間付随車は未了。
・中央総武緩行線向け0・500番台・武蔵野線向け0番台・八高川越線向け3000番台
・基本的には、転用改造と並行して機器更新を施工。
・ミツB30~39、41編成は三鷹車両センター時代に機器更新を施工。
・東西線直通向け800番台
・今のところ機器更新は確認されていない状況。
・近郊タイプ後期車
・2020年度から機器更新開始。
※進捗は各編成表参照。

◇更に先の動き
・2017年時点の労組資料に近郊タイプE231系の転出、長野地区へのE231系の転入の話が掲載(詳細)。
転出が遅くなり、予定が変わった可能性があります。

画像は各グループの「メディア」から追加できます。掲載はトピック投稿者・管理の判断となります。

Re:山手線向け新造サハ

#3747
いちさと
キーマスター
@takahiro E531系の件、修正いたしましたのでご確認ください。 表示

山手線E231系の6扉サハ置き換えに関する記事が、鉄道ファン2月号に載っています。
http://railf.jp/magazine/2010/586.html

こちらも確認しました。
先頭車のホーム位置の件ですが、p57の記述は少々分かりにくい表現でしたね。
10号車11号車寄りの扉間距離を3030mm(その部分は5人がけ)にしてもドア位置は揃いませんし、1号車の運転室直後のドアが説明できません。

E231系500番台先頭部の扉間距離(3190mm)とE233系先頭部の扉間距離(2310mm)の両方に対応できる転落防止柵を2箇所設け、それでも補正し切れなかった(?)10号車は、この両寸法の間を取った3030mmにした・・・感じでしょうか。

機器の流用方法も気になりますね。2004年の新津製作所一般公開の時の資料によると、車体の艤装は出場の1.5ヶ月前から始まります。(当時、まさにサハE230形500番台が新造中)
もし1月~3月にかけて、一気に代替車が落成したら、機器を流用する暇なんてあるのでしょうか。一時的に代替車を挟んだりしない限り、全車の流用はできない気がします。

気になったのはそんなところです。

関連リンク

返信フォーム(免責事項

トピック「Re:山手線向け新造サハ」には新しい返信をつけることはできません。

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました