返信先: E231系ミツA520編成、NNへ

4号車の5号車寄り フォーラム E231系 E231系ミツA520編成、NNへ 返信先: E231系ミツA520編成、NNへ

返信:機器未更新のまま出場したA520が入場したということで、恐ら…

#13234

機器未更新のまま出場したA520が入場したということで、恐らく機器更新だと思われますが、同時に保安装置の二重系化、ホームドア対応工事も行われると予想されます。

[ http://blog-nanpyong.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/a520-5770.html ]
上記リンクはミツA520編成登場時の運転台を映したサイトになりますが、ATS-Pに関連する表示灯の数が2017年度以降に転入してきた車両より少なくなっています。
[ http://suigousblog.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/e231500-cba8.html ]
こちらのサイトはミツA503編成の運転台を映したものですが、先述したATS-P関連の表示器でA520編成より増えている表示灯の部分には「1系故障」「2系故障」と表記されていることから、ATS-Pの2重系化も今回の工事で併設されるものと思われます。

また、同様にA520編成は山手線からの転用改造時にホームドアに関連する表示灯を埋められていること、A503編成にある「インチング制御」のボタンが無いから、ホームドア対応工事も併設されることが考えられます。
よって通常の機器更新工事よりも工期がやや長くなるのではないかと思われます。
インチング制御のついては以下リンクの3ページ目をご覧ください
[ https://www.tetsushako.or.jp/pdf/new_product/new_product47.pdf ]

尚、中央総武緩行線は千駄ヶ谷や代々木駅にて2020年までホームドア工事が行われており、来年にはホームドアが使用開始となる見通しです。となると、ホームドア未対応かつ機器未更新で残っているA540編成も今年中には入場かと思われますが、当該編成は線路モニタリング装置を搭載していることからこちらの入場は線路モニタリング装置を搭載した2本目のE231系500番代が登場するまで行われないと思われます。

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました