高輪築堤出土が公式プレスリリース

トピック:高輪築堤出土が公式プレスリリース

スレッド:JRの設備/路線
「JRの設備/路線」スレッドのノート

該当のノートがありません。タイトルが「(まとめ)JRの設備/路線」のノートを作成することで、この場所へ自動公開されます。
作成にあたっては、私見や独自研究を避けて最近のスレッドの話題をまとめたノートを目指していきたいと考えています。
ご意見などは運営グループへお願い致します。

画像は各グループの「メディア」から追加できます。掲載はトピック投稿者・管理の判断となります。

高輪築堤出土が公式プレスリリース

#20369
ホームタウンとちぎ
参加者
あけましておめでとうございます。 今年は体調を整えて、工事調査・報告を定期的に出来ればなと。 表示

11月22日付の東京新聞で「高輪築堤」の遺構が出土した件が報道されていますが、本日付けで本社からプレスリリースがありました。
https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201202_ho01.pdf

まずご存知の方も多くいらっしゃると考えますが、軽く歴史的経緯を出してから内容に触れます。
1872年に旧新橋停車場~横浜(現:桜木町)間で鉄道の開通があった際に、現在の田町と品川の間で当時海上だった場所に築堤を築く形で線路を通していました。その際にその区間に建設された築堤が高輪築堤と呼ばれ、鉄道遺産の内の1つに挙げられています。
海上に線路を通した景色を表現した「東京名勝之内高輪蒸気車鉄道全図」と言う錦絵がありますが、それに代表される作品を目にして現在の景色と比較し驚かれた経験のある方もいらっしゃるでしょう。
その後街や鉄道や港湾の発展に合わせて東側へ進む形で埋め立てられて、現在の線路群や街並みや高輪ゲートウェイ駅から海側を見た景色の形成と相成っております。

2010年代前半より当該区間で駅や線路の改良工事や街の大規模開発工事を行っておりますが、出土についてプレスリリースに下記の記載があります。

2019年4月、品川駅改良工事において石積みの一部が見つかりました。その後、2019 年 11 月に実施した山手線および京浜東北線の線路切換工事以降、レールなどの撤去を行ったところ 2020 年 7 月、高輪築堤の一部とみられる構造物が見つかりました。現在、港区教育委員会などの関係者と協議・調査を実施しています。

今後として、鉄道の歴史や当時の土木技術について港区教育委員会等の関係者や鉄道博物館と連携を図って調査研究を進めることや、築堤の一部現地保存及び移築保存を通じた公開展示を検討すること等の内容も記載されていました。
記載の内容によると、一般個人を対象とした見学会の計画もあるとのことです。

関連リンク

返信フォーム

トピック「高輪築堤出土が公式プレスリリース」には新しい返信をつけることはできません。

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました