山手線向けE235系の投入完了時期

トピック:山手線向けE235系の投入完了時期

スレッド:E235系
「E235系」スレッドのノート

◇E235系1000番台
・車両の仕様はこちら
・営業運転開始は2020年秋(詳細
・試運転
 大船~根府川~新鶴見信~根府川~大船(J-01・7/2、7/3、7/6~7/10、7/13~7/17、7/20、7/21…)
 大船~根府川~新鶴見信~根府川~大船(F-01・8/3…)
 大船~逗子~成田空港~逗子~大船(F-01・8/27…)

・疎開
 クラJ-02編成:国府津(7/38/3)、幕張(8/3~現在)
 クラF-02編成:幕張(7/158/38/3~現在)
・リンク
 E235系鎌倉車両センター編成表(最新版)

画像は各グループの「メディア」から追加できます。掲載はトピック投稿者・管理の判断となります。

山手線向けE235系の投入完了時期

#7399
いちさと
キーマスター
E217系と新潟鐵工所の関わりが知りたくて…。 表示

労組情報でかつ、団交での会社側発言でも無い情報ですが、国労中野電車区分会の機関紙に、E235系の投入時期が掲載されています。
http://www.geocities.jp/motomae/nakaden/nakaden04_pdf/nakaden_182.pdf

「2015年秋頃から山手線で営業運転を開始し、2018年秋には全車入替るようだ。」との記載があり、量産車がいつ登場するのか不明ではありますが、2018年秋までに山手線への投入が終わるようです。
また、「中央・総武緩行線に山手線のお下がりはいらない!」という記述があり、暗にE231系500番台が中央総武緩行線へ転属する計画があることが示されています。

投入期間に関しては、山手線の車両の転用改造とペースを合わせるように、3年程度かけてゆっくり投入を進めていったほうが、疎開を減らすことができ効率的です。実際、山手線のE231系500番台は、205系の転用改造のペースに合わせるため、常磐快速線向けと平行新造することでペースを落とした投入となりました。
今回は量産車の投入時期が不明なため、そのような理想的な投入になるか不明ですが、新津事業所の新造能力だけでも年間250両以上ありますので、2015年度から2018年度までに山手線以外にも500両程度の車両が投入されているはずです。さすがにE217系の機器更新時期からすると、(山手線の次との噂がある)総武快速・横須賀線向けとは平行新造しないと思いますが・・・。
国電総研さんでは年間数十両とされていたE129系の新造数を増やしたり、全く異なる線区にも車両を投入したり、209系500番台やE231系の廃車数を増やしたりして、500両という数を確保することになるでしょう。

関連リンク

返信フォーム

トピック「山手線向けE235系の投入完了時期」には新しい返信をつけることはできません。

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました