旧・下十条電車区検修庫が解体中

トピック:旧・下十条電車区検修庫が解体中

スレッド:JRの設備/路線
「JRの設備/路線」スレッドのノート

該当のノートがありません。タイトルが「(まとめ)JRの設備/路線」のノートを作成することで、この場所へ自動公開されます。
作成にあたっては、私見や独自研究を避けて最近のスレッドの話題をまとめたノートを目指していきたいと考えています。
ご意見などは運営グループへお願い致します。

画像は各グループの「メディア」から追加できます。掲載はトピック投稿者・管理の判断となります。

旧・下十条電車区検修庫が解体中

#21115
いちさと
キーマスター
E217系と新潟鐵工所の関わりが知りたくて…。 表示

旧・下十条電車区(下十条運転区)で検修庫の解体が始まりました。掲示によると、解体工事は昨年12月18日から今年の3月10日までで、既に壁の一部が剥がされています。

同区は1986年まで車両配置があり、所属表記は北モセ、編成札は白地赤字でした。統合後、編成札デザインは浦和へ引き継がれました(緑→白)。配置統合後も検修庫は活用され、209系の窓開閉化工事(2005~2006年)では改造場所となりました。その後、線路が分離され留置線機能のみが残っています。
運転部門は下十条運転区として2016年まで残っていましたが、京浜東北線乗務員基地再編(注:下十条運転区の廃止は提案時から1年延期・鍵)により廃止されました。現在、運転区だった建屋に表札などは無く、掲示も見られませんでした。

関連リンク

返信フォーム

このトピックに返信するにはログインが必要です。

スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました