(運用数)2022/08/27~:東京メトロ千代田線・JR常磐緩行線・小田急線

  • 運用数グループに参加すると編集・コメントが可能になります。なお、編集にあたっては事前にグループでその旨を共有し、問題がないことを確認してから編集して下さい。
  • ノートの所要数や、運用数Gにおける運用数は、その系統の車両が1日の中で最も多く同時に稼働する時の数を意味しており、運用自体の数とは異なります。
  • 所要数の推定は時刻表の読み取りや全体的な運用調査が必要となるため、掲載情報が正確とは限らない可能性があります。
両数内訳現況運用編成
10 東京メトロ千代田線・JR常磐緩行線・小田急線
メトロ 16000系 37本
東京メトロ所属車両の所定運用(S運用)の内、10両編成による運用です。JR車、小田急車が代走できます。
東京メトロ所属車両の所定運用(S運用)の内、10両編成による運用です。JR車、小田急車が代走できます。 32平日
0休日
32最大
37配置
2離脱
3予備
10 東京メトロ千代田線・JR常磐緩行線・小田急線
松戸車セ E233系 19本
JR東日本所属車両の所定運用(K運用)です。メトロ車10両、小田急車が代走できます。
JR東日本所属車両の所定運用(K運用)です。メトロ車10両、小田急車が代走できます。 16平日
0休日
16最大
19配置
1離脱
2予備
10 東京メトロ千代田線・JR常磐緩行線・小田急線
小田急 4000形 16本
小田急電鉄所属車両の所定運用(E運用)です。メトロ車10両、JR車が代走できます。
小田急電鉄所属車両の所定運用(E運用)です。メトロ車10両、JR車が代走できます。 13平日
0休日
13最大
16配置
0離脱
3予備
3 東京メトロ千代田線(北綾瀬支線)
メトロ 05系 4本
東京メトロ所属車両所定運用(S運用)の内、3両編成による運用です。総合研修訓練センター(新木場)で1編成を使用しています。各社10両編成が代走できます。
東京メトロ所属車両所定運用(S運用)の内、3両編成による運用です。総合研修訓練センター(新木場)で1編成を使用しています。各社10両編成が代走できます。 2平日
0休日
2最大
4配置
0離脱
2予備

過去ログ

準備中

元データ

◇東京メトロ千代田線・JR常磐緩行線・小田急線 メトロ車10両
平日所要数:32
休日所要数:調査中
東京メトロ所属車両の所定運用(S運用)の内、10両編成による運用です。
JR車、小田急車が代走できます。
※【このページ限りの説明文】

◇東京メトロ千代田線・JR常磐緩行線・小田急線 松戸車10両
平日所要数:16
休日所要数:調査中
JR東日本所属車両の所定運用(K運用)です。
メトロ車10両、小田急車が代走できます。
※【このページ限りの説明文】

◇東京メトロ千代田線・JR常磐緩行線・小田急線 小田急車10両
平日所要数:13
休日所要数:調査中
小田急電鉄所属車両の所定運用(E運用)です。
メトロ車10両、JR車が代走できます。
※【このページ限りの説明文】

◇東京メトロ千代田線(北綾瀬支線) メトロ車3両
平日所要数:2
休日所要数:調査中
東京メトロ所属車両所定運用(S運用)の内、3両編成による運用です。
総合研修訓練センター(新木場)で1編成を使用しています。
各社10両編成が代走できます。
※【このページ限りの説明文】

●参考とさせて頂いたサイト等
運用調査 loo-ool.com 様
https://loo-ool.com/rail/

コメント(1件)

  1. そらち より:

    休日ダイヤは2022年3月改正から変更ないため(参照 https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews220707_2.pdf)、S運用(支線運用は除く)は23、K運用は14、E運用は8です。

コメントが投稿できない設定です。

ノートについて

首都圏の車両・施設動向に関する個人ノート、共有ノートが投稿できます。
スポンサーリンク
4号車の5号車寄り
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました