形式別車両概要

一部形式の最新車両動向と形式一覧、過去の配置状況です。

形式別車両概要

2020年7月10日現在の車両概要(現行編成一覧、形式一覧、配置の推移)、側面写真を形式別に掲載しています。新しい形式(新系列)を順次拡充していく予定です。
側面写真については、Train Side ViewのTKM様、かけやま写真館のかけやま様にご協力頂きました。長編成サイドビューと呼ばれ、複数画像の切り継ぎにより制作されています。流し撮りなどと比べて歪みが均一で、資料性の高い写真となっています。

通勤・近郊・一般型電車(両数は2019年末時点)

2両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は量産車が投入される見込みです。

8両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

168両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は0番台2両が500番台へ改造されました。

460両


2019年は翌年3月の常磐線全通用として、5連2本が増備されました。(年度内はワンマン化改造予備として活用。)
2020年は20両が増備される予定です。

60両


2019年は動きのない1年でした。
2020年はE531系投入に伴い、動向が注目されます。

571両


2019年は山手線向けは予定されていた本数が出揃いました。
2020年は5月から総武快速・横須賀線向けが量産される予定です。

3287両


2019年は相鉄直通へ向けて、埼京線向けE233系が10連7本増備されました。
2020年は動きのない1年となりそうです。

2492両


2019年は引き続き、転配属と余剰廃車が行われました(詳細)。
2020年は転配属と余剰廃車が続く見込みです(詳細)。

745両


2019年は動きのない1年でした。
2020年はE235系投入により、本格的な淘汰が行われる見込みです。

168両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

28両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

237両


2019年は編成から抜かれたサハ701形のうち、1両が復帰、2両が701系初の用途廃車となりました。
2020年は動きのない1年となりそうです。

326両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

486両


2019年は三鷹から京葉への転用が完了しました(詳細)。
2020年は房総地区で車両の動きが出るのか気になるところです。

457両


2019年は209系、E231系の転用に伴い、武蔵野線からのインドネシア譲渡が発生しました。
2020年は引き続き、E231系の転用による、武蔵野線からのインドネシア譲渡が発生するでしょう。

特急型電車・事業用電車(両数は2019年末時点)

12両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

190両


2019年は翌年3月の常磐線全通用として、10連2本が増備されました。
2020年は動きのない1年となりそうです。

6両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

72両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

213両


2019年は予定されていた本数が出揃いました。
2020年は動きのない1年となりそうです。

16両


2019年は8連2本が新製されました。
2020年は3月から営業開始予定です。

132両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

249両


2019年は中央線特急から撤退し、東海道線特急への転用が始まりました。
2020年は東海道線特急への転用が続く見込みです。

10両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

45両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

一般型気動車・事業用気動車(両数は2019年末時点)

25両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は量産が始まる見込みです。

3両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

14両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

16両


2019年は動きのない1年でした。
2020年は動きのない1年となりそうです。

3両


2019年は新潟地区への量産車投入が始まりました。
2020年は新潟地区の投入を終え、秋田地区への投入が予定されています。
スポンサーリンク
戻る HOMEへ
タイトルとURLをコピーしました